マネシタ電気

マネシタ電気ってご存じですか?

松下電器じゃないです。マネシタ電気です。

実は、これは松下電器の販売戦略を揶揄した呼び名なのですが、

かつての松下電器(現パナソニック)は、

SONYなんかが開発した商品をパクって、自社の圧倒的な販売網を利用して売りまくってました。

「サイテー」 って思うかも知れませんが、

実はこれ、立派なマーケティング手法の一つで、

ランチェスターの戦略というマーケティングの「同質化」という手法なんです。

この同質化は、アマゾン輸出入でも使えますよね!

売っている人の商品を真似して出品です^^;

しかし、常に後追いになるため、自分が出品した頃には利益が出なくなることもザラです。

こういったことを避けるために使う技術がテクニカル分析法です。

当社のホームページにも載せてますが、

当社では4+1つの手法をミックスして仕入をしています。

・ツール型分析法

・ストックリスト手法

・ランチェスターの戦略

・テクニカル分析法

 

4+1の+1とは、スクラップアンドビルド法です。

これを下支えにして、4つの手法を活用するイメージです。

 

アマゾン輸出入でも使えるマーケティング手法は山ほどあります。

ぜひ、学んでいって下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です