大きく円高に傾いた時の輸出

最近、円高傾向が続いていますね。

こういう時って、稼ぎにくくないですか?

最近のように、急に円高に傾いた時、

市場では「需給ギャップ」という現象が起こります。

これは、需要と供給のバランスが一時的に崩れることで、

今回の場合は、供給が需要を上回ってしまうということです。

その為、売れにくくなったり、利益が出にくくなったりします。

この対策は、正直、ギャップが解消するのを待つしかありません。

 

しかし、1つだけ対策があります。

 

それは、この利益が出にくくなるのと、まったく逆の現象が別の市場でおこるのです。

それが、「輸入」です。

輸入でも需給ギャップが起こるのですが、

輸出とは逆の、需要が供給を上回る現象が起こります。

つまり、売れやすい・利益が出しやすいという現象が生まれます。

 

こういう時は、輸出を減らして、輸入を増やせばいいのですね!

コメントを残す